【ベジーデル酵素液】トップ > 酵母について > 酵母の仕事

酵母の仕事

酵母はどんな仕事をしているのでしょうか。

食品でいえば、酵母は有機物に含まれる糖を

アルコールと炭酸ガスに分解しながら、

分裂、成長していきます。

これこそが、あの発酵というものです。

例えば、お酒、味噌、パンなどを作る時に

この作用を利用して作られています。

また人間の体内ではどんな仕事をしているのでしょうか。

まず酵素が体内では消化や新陳代謝といった化学反応の

触媒となって働いています。

そう考えると、酵素がなければ、体の機能が働かず

私たちは生きていくことができません。

しかし酵素は体内で生産することができません。

ではどうするかというと、体内に持っている酵素を

ひたすら消費していくしかないのです。

酵母はそんな酵素を豊富に作り出す事が出来る切り札なのです。

酵母というのは生き物にとっては、なくてはならない

大切な微生物なのです。

……この記事の全文をみる
酵母について

前の記事 | 次の記事

関連記事
カテゴリー
更新履歴
グルタブEX
2012年1月 9日
ミオナ シースルーライト
2012年1月 9日
日本盛 米ぬか美人
2012年1月 9日
コーボンマーベル
2012年1月10日
スレンダーエス酵母
2012年1月10日
グループサイト